自由民主党参議院議員 野上浩太郎 オフィシャルサイト
自由民主党参議院議員 野上浩太郎 オフィシャルサイト

自由民主党 参議院議員 野上浩太郎オフィシャルサイト 地方から日本を立て直す。野上浩太郎


Newsダイジェスト2016年夏号を発行しました。

Newsダイジェスト2016年夏号

Newsダイジェスト2016年夏号pdf版

「地方から日本を立て直す政治」の実現に向けて

爽やかな初夏の候、皆様方におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また、日頃より、大きなお力添えを賜り、おかげ様で平成二十二年の二期目の当選から六年間、全力で働かせて頂きましたことに心より感謝申し上げます。
熊本地震への対応については、議院運営委員会の筆頭理事として補正予算の早期成立に全力を尽くしました。一刻も早い被災地の復旧復興を果たさねばなりません。
そして、改めて痛切に感じるのは、「国民の命と国土を守る」ことが、政治の最大の責務であり、私自身、国土交通副大臣を務める中で強く育んだ思いです。例えば、富山県の立山砂防は、百年にも渡る砂防事業が行われ、富山県民の命を守ってきました。これは、災害対策・危機管理における日本の象徴的な事業です。
また、外交安全保障においても海上保安庁の担当副大臣として、緊張感のある尖閣諸島の守り等に直面し、日本を取り巻く国際環境が、いかに厳しいものであるかを肌で感じました。
まずは、国民の命と国土を守ることに全力を尽くします。

そして、その安心安全の土台の上に立って、地方創生を加速して行きたいと思います。デフレ脱却を確かなものにするため、消費税引き上げは延期し、すべての地域、すべての産業が明るい展望を持てる活力ある日本を創っていかなければなりません。富山県も、昨年、待望の北陸新幹線が開業しましたが、観光やビジネス振興、企業誘致による職場の創出、社会資本の整備、そして、大阪までの延伸等、更なる取り組みを進めることが重要です。
また、活力ある日本の原点は、人づくりと考えます。文教科学委員長を務め、教育再生や学校耐震化、子育て環境の整備等にもライフワークの一つとして取り組んできました。更に、安心できる医療・介護・年金等の社会保障を作り上げること、文化やスポーツを振興すること、この様な、ひとつひとつの取り組みの積み重ねが、東京一極集中を是正し、急激な人口減少に歯止めをかけ、次の世代に活力ある日本を残していくことに繋がると確信します。

まさに、「地方から日本を立て直す政治」の実現を目指し、その先頭に立って、全身全霊で邁進して参る決意です。何卒、皆様方の温かいご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げ、党員党友の皆様方のご健勝ご多幸を祈念し、ご挨拶とさせていただきます。